自分でもできる!パソコンの修理方法について

パソコンはパーツの集合体!

みなさんの使っている「パソコン」は、複数のパーツで構成されています。パソコンが動かなくなった場合、全てのパーツが故障したということは稀で、大抵の場合は沢山のパーツのうち、どれか1つに不具合が起こっていることが多いのです。そのため、そのパーツさえ交換してしまえば再び使えるようになります。なお、メーカー製のパソコンの場合は保証期限内であれば無償修理してもらえるので、自分でパーツ交換をするのではなく、修理に出すことをお勧めします。ただし、保存データは保証されないので、バックアップしてから修理に出すことを忘れないようにしましょう。


故障した箇所を確認しましょう

パソコンが故障した場合、修理するにはどこが壊れたか確認することが必要です。まず、電源ボタンを押しても画面が点かない場合は、モニタが故障しているのか、それとも電源周りが故障しているのか確認しましょう。他のパソコンにモニタを接続することにより、モニタに問題があるか確認できます。パソコンの電源ボタンを押しても、PCケースに付いているファンすら回らない場合は、電源ボックスが故障している可能性があります。画面は映るものの、OSが立ち上がらない場合は、OSをインストールしているストレージドライブか、マザーボード等に問題があります。その場合、BIOS設定を確認してみましょう。


パーツ交換はそんなに難しくありません

不具合パーツが判明したら、そのパーツを交換しましょう。もしパソコンを複数台所有しているのであれば、交換パーツを購入する前に、正常なパソコンのパーツを一旦付け替えてみて、問題が解決するか確認すると良いでしょう。パソコンのケースを開けたり交換するために必要な工具はドライバー程度なので、誰でも簡単に交換できますよ。但し、静電気にはご注意ください。なお、故障原因が不明の場合は、PCケース内を掃除してみることをお勧めします。密閉されているとはいえ、長年使うことによりホコリなどが溜まっていることがあり、それが原因でパーツに不具合が生じることが多々あるんですよ。ケースや各パーツに付いている冷却ファンやヒートシンク、マザーボードに接続しているパーツ等、外せるパーツは一旦全て外し、エアーダスター等でホコリを吹き飛ばしましょう。これで正常に動くようになることが結構あります。



パソコンの修理を依頼するうえでは、各業者の料金体系やスキルのレベルを確認することにより、後々のトラブルを回避することができます。