長時間のパソコン作業は目に毒?目に優しいパソコンの環境作りとは!

パソコンを購入した時のまま使っていませんか?

パソコンはそれを見ているだけで目に毒な事もあります。というのも、パソコンの光には、目に悪影響があると言われている青色光が含まれているからです。そのような青色光が含まれていて、さらに強い光を見続けると視力の低下と言った事にも繋がりかねません。特にパソコン初心者等は、パソコンの使い方や設定の仕方が分からないで、購入した時の初期状態のままパソコンを使っている人が多いです。そのままだと、目に毒ですので次のような方法で、目にやさしいパソコン環境を作っていきましょう。


まずは画面の設定からパソコンの明るさ等を変える!

まず最初に簡単に出来る目にやさしいパソコンの設定方法としては、画面の設定から行います。パソコンには画面の明るさ調整をするソフトウェアが含まれていたり、液晶画面の下の方にその明るさや色温度を変えるボタンが付いています。取扱説明書等の画面設定を読み、それらを変更すると良いです。そして、画面が明るすぎる場合には、少し暗めに調節して自分が見やすいように調節します。また、色温度調整を行い6500程度に調整してみましょう。


パソコンのリフレッシュレートと背景テーマ設定も重要

また、その他に設定をすると良いのが、パソコンのリフレッシュレートと背景設定の変更です。通常のパソコンだとリフレッシュレートが60ヘルツになっていますが、使っていて目がつかれるようならば設定で数値を少し上げましょう(使っている液晶画面等によって設定できないこともあります)。そして、パソコンやそこに搭載されているアプリのテーマを、極力黒い色調のものに変更すると、それもまた明るい画面を見なくて良くなり、目に優しくなってきます。パソコンのヘビーユーザーの方には、これらの方法が目を守るためにオススメですよ。



中古パソコンは新品のパソコンと比較をすると格安の価格で販売されていますので、型が古くても構わない人には最適です。