審査が早くなるかも?LINEスタンプを作ったあとにすべきこと

LINEの審査は長いのが当たりまえ

LINEスタンプは応募が殺到しているため、審査に時間がかかります。何ヶ月もかかることもあるので、気長に待ちましょう。審査では、絵柄が透過されているか、文字は読めるかどうか、不必要な汚れはないかなどをチェックしますが、最も時間がかかるのは「これはこの作者のオリジナルかどうか」ということを見定める部分でしょう。他の既存キャラの模倣でスタンプを作ってしまう素人もいるので、そのようなスタンプをうっかり通してしまうと権利の侵害になってしまうのです。


ホームページをつくっておこう

もし普段から絵を描いている人なら、自分の絵やキャラクターを掲載したホームページを作っておくのがおすすめです。さかのぼって作者の絵を見られますし、以前からこういう絵やキャラをオリジナルで描いている、ということの証明にもなります。その絵やキャラがオリジナルかどうかは証明しようがないですが、少なくともネットで拾ってきた絵で適当に応募したわけではない、ということは証明できます。これだけでもかなり審査がスムーズにいきます。


ホームページとSNSを連動させておこう

ホームページにプラスして、普段から使っているSNSを連動させておくのもいいでしょう。フォローやフォロワーがそこそこいて、普段から作者の絵やキャラについて交流があるなら、オリジナルの可能性が高いと言えます。他にも、「普段からLINEを使っている人のほうが早く審査が通る」「審査番号は何番台だと早い」などとまゆつばものの噂が流れたりしますが、そういう噂は放っておいて自分のオリジナルの絵柄であることをまず証明しましょう。



LINEは速くて便利だけども、文字だけでは味気ないそんな問題を解決してくれるのがLINEスタンプです。動くものから音が出るものまで、様々なスタンプが会話を華やかにしてくれます。