仕組みを理解しよう!ビットコインの活用事例

イーコマースの決済方法として利用

一般的なインターネット通販の決済方法としては、銀行振り込みやクレジットカード、代引きなどの方法があります。インターネット通販では、それぞれの決済方法に対して手数料が必要となり、物を買う場合においてはネックになりがちですね。ビットコインの通販時の決済手段としては、まだまだ国内では利用されていない状況ですが、海外では手数料が少なくて済む決済方法としてポピュラーになっています。今後はインターネット通販での支払いは、ビットコインで行うことが主流となるかもしれません。


クラウドファンディングの寄付方法として利用

クラウドファンディングとは、インターネット上での寄付や、ビジネスモデルをアピールしてそのビジネスを構築するための資金提供を依頼する手法として、国内でも活発化しています。資金提供の方法としても、銀行振り込みなどが主流となっていますが、インターネットを利用して寄付を呼びかけている以上は、インターネットで簡単に送金できるビットコインの仕組みは親和性が高くて、送金手段としては大いに利用しやすいと言えるでしょう。


新興国での決済方法として利用

ビットコインは、発行量自体に制限があり、国の通貨とは違い、発行量を増やすことが出来ないため、その価値を担保しているという特徴があります。世界的にビットコインの価値は上昇傾向にあり、すでに決済方法の一つとして活用されていることもあり、新興国では自国通貨よりも信頼性のある通貨として認識されているケースもあります。もしも新興国での旅行やビジネスで行く機会がある場合は、ビットコインで現地の支払い手段として活用することが可能ですよ。



ビットコインとは、発行母体のない仮想通貨であり、インターネット上で主要通貨と交換することができる電子マネーです。